医療税務に精通した専門家による税務対策をはじめ、医院開業支援、医療法人設立、財務諸表監査、病院の事業展開(M&A)など幅広いサポートと永続的な医院存続に向けての諸施策を講じるサービスを行っています。

お知らせ一覧

医療法人会計基準について(Q&A) の公表18.4.05

平成30年3月30日 厚生労働省医政局医療経営支援課より「医療法人会計基準について(Q&A)」が公表されました。
⇒ 医療法人会計基準について (Q&A) 厚生労働省


【内容】
Q1  医療法人会計基準の適用及び法定監査の対象となる規模の判断の基準となる年度について
Q2  期中で社会医療法人となった会計年度の取り扱いについて
Q3  法定監査となる基準を算定するための会計基準について
Q4  事業報告書等の作成及び承認期限について
Q5  前々会計年度の計算書類が存在しない場合の簡便的な会計処理の適用について
Q6  特定の会計年度のみ負債総額が 200 億円以上となる場合の簡便的な会計処理の適用 について
Q7  負債総額が200億円以上となる会計年度末と200億円未満となる会計年度末が不規則 に生じる場合の簡便的な会計処理の適用について
Q8  前々会計年度末の負債総額が 200 億円未満であることから簡便的な会計処理を適用 する場合の開示方法について
Q9  有形固定資産の貸借対照表の表記について
Q10  リース資産及びリース債務の貸借対照表における表示方法について
Q11 改正された退職給付に係る会計基準の適用について
Q12 簡便法により計上した退職給付引当金の適用時差異の分割償却について
Q13 退職給付引当金の適用時差異の損益計算書における計上区分について
Q14 退職給付会計について簡便法を適用した場合の注記事項について
Q15  特定目的積立金について
Q16  圧縮記帳の選択適用について
Q17  病院会計準則による補助金の会計処理の適用について
Q18  資産除去債務に関する会計基準の適用について
Q19  会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用について
Q20  関係事業者に関する注記について
Q21  持分のない医療法人への移行時の会計処理について

医療法人会計基準が適用対象となる大規模医療法人・社会医療法人において、参考になるものと思料されます。

 
  




 

お問い合わせ・ご相談はこちら 事務所のご紹介動画
動画
  • メルマガお申し込み
  • Doctors Journalで紹介されました。
  • プロドラフト・マガジンで紹介されました。
ページTOPへ